トップページ 診療案内 各種プログラム こころのはなし ご家族 スタッフ募集 サイトマップ English
こころのはなし

こころの病気のはなし > 専門編 > 鎮静薬、睡眠薬、または抗不安薬中毒

鎮静薬、睡眠薬、または抗不安薬中毒

鎮静薬、睡眠薬、または抗不安薬中毒

Sedative, Hypnotic, or Anxiolytic Intoxication

 

疾患の具体例

24歳、男性。1年前から不眠や不安に悩まされ、医師からベンゾジアゼピン系の医薬品を処方されています。ある時、対人的なストレスから自暴自棄になり、その医薬品を大量に服薬して昏睡状態に陥り、救急搬送されました。

 

特 徴

「鎮静薬、睡眠薬、または抗不安薬中毒」の基本的特徴は、それらの物質を使用中または使用直後に現れる不適切な行動、あるいは心理学的変化です。行動面では、異常に性的な行動をとったり、攻撃的になったり、仕事や社会的な義務を実行できなくなったりします。心理面の変化としては、判断力が低下する、気分が不安定になるなどの症状が起こります。また、アルコールを使用した時のように、ろれつが回らなくなったり、協調運動障害(日常的な動作がうまくできなくなる)や不安定歩行で転んだり、事故を起こしたりする人もいます。重症の場合は記憶を失う(ブラックアウト)ことや、昏迷または昏睡に陥ることもあります。

この障害になる人は、医学的な必要性で鎮静薬、睡眠薬、または抗不安薬を処方される人だけでなく、わざと中毒症状になるために医薬品を使う人も含まれます。医薬品を友人や家族から譲り受けたり、いくつもの医療機関を受診して入手したりする人もいます。また、処方された医薬品を用量以上に服用する、多種類の医薬品を一気に服用する、鎮静薬、睡眠薬、または抗不安薬をアルコールと一緒に服用するなどのケースもあります。

 

有病率

鎮静薬、睡眠薬、または抗不安薬中毒の有病率は明らかになっていませんが、これらの物質を医学的な目的以外で使用する人のほとんどは、何らかの中毒症状を示すだろうと考えられます。

 

治 療

鎮静薬、睡眠薬、または抗不安薬を過剰摂取した場合の治療として、胃からの吸収を後らせるために胃洗浄、活性炭の投与が行われます。患者がすでに昏睡状態であれば、バイタルサインおよび中枢神経系の慎重なモニタリングをし、必要に応じてレスピレーター(人工呼吸器)を装着します。通常、過剰摂取から回復するまでは集中治療室(ICU)で入院治療をします。

 

診断基準:DSM-5

A. 鎮静薬、睡眠薬、または抗不安薬の最近の使用

B. 臨床的に意味のある不適応性の行動的または心理学的変化(例:不適切な性的または攻撃的行動。気分の不安定、判断の低下)が、鎮静薬、睡眠薬、または抗不安薬使用中または使用後すぐに発現する。

C. 以下の症状または徴候のうち1つ(またはそれ以上)が、鎮静薬、睡眠薬、または抗不安薬使用中または使用後すぐに発現する。

  1. ろれつの回らない会話
  2. 協調運動障害
  3. 不安定歩行
  4. 眼振
  5. 認知の障害(例:注意、記憶)
  6. 昏迷または昏睡

D. その兆候または症状は、他の医学的疾患によるものではなく、他の物質による中毒を含む他の精神疾患ではうまく説明されない。

 

※参考文献

『カプラン 臨床精神医学テキスト 日本語版第3版』(メディカルサイエンスインターナショナル)

『DSM-5 ケースファイル』(医学書院)

こころのはなし こころの病気の知識 こころの病気のはなし-1こころの病気のはなし-2こころの病気のはなし-3こころの病まめ知識福祉用語の基礎知識 お役立ち情報自立支援医療制度デイケア社会資源情報社会資源情報こころの健康アラカルトクリニック広場デイケア通信患者様の活動リンク集 トップページへ