神経伝達物質|こころの病気のはなし 用語

トップページ 診療案内 各種プログラム こころのはなし ご家族 スタッフ募集 サイトマップ English
こころのはなし

こころの病気のはなし > 用語 > 神経伝達物質

こころの病気の用語

神経伝達物質

私たちが喜怒哀楽を感じたり、さまざまなことを考えたりする時、脳内では「神経伝達物質」が行き交っています。神経伝達物質は「シナプス」という神経細胞と神経細胞を接続する部分から分泌され、ほかの神経細胞の受容体に触れることで情報を伝達します。

これまで数十の神経伝達物質が特定されており、アミノ酸類(グルタミン酸、γ-アミノ酪酸、グリシンなど)、モノアミン類(セロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミン、アセチルコリンなど)、ペプチド類(エンドルフィン、サブスタンスP、バソプレシン、ソマトスタチンなど)に大別されます。 なかでも、以下のモノアミン類は精神疾患に深く関係していることが分かっています。

 

セロトニン

精神を安定させるはたらきのある神経伝達物質です。脳内の視床下部や大脳基底核・延髄の縫線核などに多く分布しています。普段は、同じモノアミン類のドーパミン(喜び、快楽など)やノルアドレナリン(恐怖、驚きなど)の情報を適度に抑えていますが、セロトニンが低下すると攻撃的になったり、不安やうつ、パニック発作などを引き起こしたりするといわれています。

 

ドーパミン

喜びや快楽などを感じさせる神経伝達物質です。脳内の報酬系という神経系に深く関わっています。例えば、お酒を飲むことによって快く感じるのは、ドーパミンが放出されて報酬系が活性化するためです。何らかの物質などの依存症になるのは、それが本人にとってドーパミンを活発化させるものだからと考えられます。

また、ドーパミンは黒質線条体路、中脳辺縁系路、中脳皮質路の3つの神経経路ではたらいています。黒質線条体路はパーキンソン病と関連し、中脳辺縁系路と中脳皮質路は統合失調症と関連すると考えられています。

 

ノルアドレナリン

恐怖や驚き、興奮などを感じさせる神経伝達物質です。精神的・身体的ストレスを感じた時に放出され、交感神経を活性化させます。交感神経は体を活動的にする神経で、血圧や脈拍を上昇させます。そのため、ノルアドレナリンのはたらきのバランスが崩れると、神経症やパニック障害・うつ病などを引き起こすと考えられています

 

なお、多くの神経伝達物質はシナプスの中で合成されますが、外部から取り込まれるものもあります。 また、精神疾患の治療薬には、モノアミン類の作用を促進したり、阻害したりする仕組みのものがいくつもあります。

 

※参考文献

『カプラン 臨床精神医学テキスト 日本語版第3版』(メディカルサイエンスインターナショナル)

『現代精神医学事典』(弘文堂) 『e-ヘルスネット』(厚生労働省)

こころのはなし こころの病気の知識 こころの病気のはなし-1こころの病気のはなし-2こころの病まめ知識福祉用語の基礎知識 お役立ち情報自立支援医療制度デイケアこころの健康アラカルトクリニック広場デイケア通信患者様の活動リンク集 トップページへ