長谷川式簡易知能評価スケール|こころの病気のはなし 用語

トップページ 診療案内 各種プログラム こころのはなし ご家族 スタッフ募集 サイトマップ English
こころのはなし

こころの病気のはなし > 用語 > 長谷川式簡易知能評価スケール

こころの病気の用語

長谷川式簡易知能評価スケール

「長谷川式簡易知能評価スケール」は、認知症の可能性があるかどうかを、簡易的に調べる問診項目のことです。主に医師が診察の一手段として使用します。医療や介護の現場では「長谷川式」あるいは「長谷川式認知症スケール」とも呼ばれます。1974年に長谷川和夫氏(精神科医、認知症介護研究・研修東京センター名誉センター長)らが開発したことから、この名称がつけられました。1991年に加藤伸司氏(臨床心理士、東北福祉大学教授、認知症介護研究・研修仙台センターセンター長)らによって質問内容や採点基準が見直され、「改訂長谷川式簡易知能評価スケール」(HDS-R)に変わりました。

 

HDS-Rは、一般の高齢者から認知症のある人をスクリーニング(ふるい分け)することを目的にしたもので、これだけで認知症かどうかを診断することはできません。確定診断は、専門医の診察が必要です。

質問項目は以下の9問で、見当識(時間、場所、状況などの認知)や、記憶に関することを聞きます。正しくできたら1点、できなかったら0点などと数値化し、30点満点中20点以下の人は認知症の疑いが高いと判断されます。回答にかかる時間は、だいたい5〜10分です。

 

1) 年齢

例:お歳はいくつですか?

2年までの誤差は正解とみなします。

 

2) 時間

例:今日は何月何日、何曜日ですか?

 

3) 場所

例:今、私たちがいる場所はどこですか?

場所の名前や住所まで言えなくても「病院にいます」「施設にいます」などと答えられれば正解とみなします。

 

4) 3つの言葉の記憶

例:「これから言う3つの言葉を覚えてください。あとからまた聞きます」

このように言って、「桜・猫・電車」または「梅・犬・自動車」のどちらかを覚えてもらいます。

 

5) 計算

例)100引く7はいくつですか?

 

6) 数字を覚え、逆順に復唱する

例:次の数字を逆から言ってください。2、8、6。

 

7) 3つの言葉の思い出せるかどうか

例:先ほど覚えてもらった3つの言葉は何でしたか?

質問4で使用した言葉を、もう一度言ってもらう。

 

8) 5つの品物の名前の記憶

例:これから5つの品物をお見せします。それを隠しますから、何があったかを言ってください。

時計、消しゴム、鍵など無関係のものを5つ用意し、名前を言いながら目の前に並べます。並べ終わった1つずつ手に取って「これは?」と聞き、正しく答えられたことを確認してから全て隠します。その後、何があったか言ってもらいますが、思い出す順番はどうでも構いません。

 

9) 言葉の流暢性(素早く、数多く言えるかどうか)

例:知っている野菜の名前をできるだけ多く言ってください。

6個以上答えられたら1点ずつ加点します。

 

これらの質問は、必ずしも順番通りに聞く必要はありません。日常会話に織り交ぜながら、聞きやすいものから聞いてもいいとされています。しかし、質問4〜7は順番通りに聞くことになっています。

 

なお、開発者の長谷川氏自身が認知症であることを、2017年に公表しました。その後、2018年3月16日の朝日新聞で、HDS-Rについて「安易に使われすぎて、本人の気持ちを考えずに検査をする医者がいる。質問で『お年はいくつですか』と、のっけから大事な個人情報を聞く。それからいい大人に『100から7を引くと、いくつですか』とも尋ねる。『冗談じゃない、何を言っているんだ』と怒るのは当然でしょう。診察に必要だからと、医者の側が本人と家族に協力をお願いする姿勢が、必要なんだ」と語っています。

 

認知症の検査が患者さん本人を不安にさせたり、気分を害したりする問題は、ほかにも指摘する声がありました。そのため、HDS-Rを行うときは、いきなり「認知症の検査をします」と言うのはなく、しばらく世間話をしたり、「最近物忘れが気になりませんか?」などと話したりして、患者さんの気持ちを解きほぐすことが大切です。すべて回答が終わったあとは、質問9の「野菜」に関連した会話を続けるなどして、嫌な気分のまま終わらせないための配慮も必要とされています。

 

なお、最近では新しいタイプの認知機能評価法が登場しています。大庭輝氏(京都府立医科大学特任助教)らの研究グループが開発したもので、「CANDy:Conversational Assessment of Neurocognitive Dysfunction」(キャンディ、日常会話式認知機能評価)と言います。年齢や日時など決まった質問をするのではなく、普段の会話から認知症の可能性を判断できることが特徴です。会話の内容を記録し、認知症の人によく見られる特徴である「今の時間や日付、季節などがわかっていない」「先の予定が分からない」「話が続かない」などの15項目に該当するかどうかを数値化します。健康な人で実施した場合は平均1.4点で、認知症の患者さんでは平均13点でした。この点数から認知症かどうかを正しく推定する精度は80〜90%とされています。今後、医療機関や介護の現場での活用が期待されています。

 

♯♯参考文献

『改訂 長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)の使い方』(加藤伸司)

CANDy公式ホームページ

朝日新聞(2018年3月16日朝刊)

日経新聞(2017年12月26日朝刊)

こころのはなし こころの病気の知識 こころの病気のはなし-1こころの病気のはなし-2こころの病まめ知識福祉用語の基礎知識 お役立ち情報自立支援医療制度デイケアこころの健康アラカルトクリニック広場デイケア通信患者様の活動リンク集 トップページへ